独立してからは自宅で仕事するようになりましたが、
副業時代から自宅に仕事部屋が1部屋あり、
そこで終日仕事していました。

実は今も自宅の配置はまったく変わってないのですが、
食卓の私の椅子のすぐ後ろが仕事部屋のドアで、
部屋に入るとすぐ私の仕事机があります。

つまり、
食事して後ろ向いてドアを開ければ、そこに仕事机がある状態で、

 通勤距離2歩、
 通勤時間2秒

という職住超接近状態になりました。


独立した時は本当に必死で、
とにかく朝から夜まで起きてる間はずっと仕事していました。

副業時代は、
早朝に起きて自分の仕事をしてから出社していたので、
朝4時起きが習慣になっていました。

結局独立後も朝4時起きの習慣は変わらず、
朝4時から夜の9時頃まで、
食事とトイレ以外はほとんど仕事していました。

食事もパパっと簡単に食べて、2秒で職場到着(笑)

昼になるとまた2秒で食卓に移動してパパっと食べてすぐ職場に戻る、
という生活がずっと続きました。

外出するのはセミナー講師をする時くらいで、
普段はほとんど歩くこともなく、今から考えると恐ろしいほど運動不足だったと思います。

自宅のまわりにもたくさんの飲食店があるので、
いろんな店にランチを食べに行こう、
なんて思っていましたが、時間がもったいなくて月に1回も行けませんでした。


なぜこんなに働いていたかというと、
副業時代は時間の制約が大きく、
独立したらあれもこれもやろう、
という思いがずっとあったので、
一気に手を広げたからだと思います。

ずっと休み無しで毎日15時間以上働いていたと思いますが、
全然つらくなかったですし、
もっと仕事したいと思っていました。