ネットビジネスの場合は独立起業しても、
どのようなスタイルにするかはかなり自由度が高いです。

独立起業しても副業時代と同様に自宅で一人で続ける人も多いですし、
それも個人事業のままか株式会社にするかも自由です。

雑用をアルバイトに対応してもらうにしても、
事務所を出すのが一般的ですが、
在宅で対応する人もいます。

事務所を出しても、
地元に数人規模でやっている場合と、
東京に移転して立派な事務所にたくさんの社員を雇う人もいます。

どの規模を目指すかは自由ですし、
どれがいいとも言えません。

私の経験から言えることは、
会社規模と社長の給料は比例しません。

一般的に会社規模が大きいと売上は大きいですが、
だからと言って社長の給料が高いとは言えません。

自宅で一人でやってて、スゴイ給料の人もいますし、
10人、20人雇ってても月50万円しか無い人も普通にいます。

それともう一つ。
社員を雇うには、人を使うスキルが必要になります。

つまり一人でネット転売で稼いでいるならネット転売のスキルがあれば稼げますが、
人を雇う場合は、
人を使うというまったく違うスキルを伸ばさないと上手くいきません。

しかもそのスキルは、
5人、10人、20人と言う規模に応じてまったく違ってきます。


私の場合は、
地元に小さな事務所を構えて数人の社員を雇う
というスタイルが最も気に入って、
12年間変わらずに続けています。

そのメリットデメリットについてもまた書いていきたいと思います。