先月北海道に行った時に、
木製のオブジェ、おもちゃなどの専門店があって
ちょっと覗いてみました。

木のぬくもりのある手作りのオブジェが
たくさんあって、
値段もピンきりでした。

お店の人に聞いたところ、
高価なオブジェはもう今は作れる職人さんがいなくて、
20年以上前に作られたものばかりだということでした。

当時でもかなり高齢の方だったということで、
たぶんこれらを作った人は
もう他界されているのでしょう。

そんな中から
クラシックカーのオブジェを
買って帰りました。

IMG_4208 (1)


細部までとても精巧に作られていて、
日本の職人技!
と感心するばかりです。

職人さんが20年以上前に作り、
この店にも長年ずっと並んでいたものが
僕の家にやってきてくれました。

タイヤ部分も回って転がるので、
いつか孫ができたら遊ぶかもしれないですね。(笑)

そう思うと感慨深いですね。

日本の職人の魂がこもった逸品を
大切にしたいと思います。