会社を辞めたくなったら読むブログ

3000人以上の起業家を育てた西村泰一が独立起業を目指すサラリーマンを応援するブログ

起業までの道のり

起業までの道のりはいかがでしたか

43歳で念願の独立起業を果たし、
起業までの道のりの記事も終わりました。

いかがでしたか。

まだこのブログを始めて1ヶ月にもなりませんが、
意外と反響があって嬉しいです。

親しい人にもここまで詳しく昔の話をすることもないので、

飲み会の席でもこのブログの話が出て、
「そんな長い間頑張ったんですねー」
とか色々言われます。

波乱と言えば波乱ですが、
その時、本人は特に波乱だとも思わずにここまで来ました。

普通に学校を卒業して就職して定年まで勤めた人に比べると、
確かにいろんな経験をしてきましたが、
それもいい思い出です。

平凡で淡々と過ぎていく人生ってつまらないと思いますし、
大変なこととか色々あって思い白いんだと思います。

まあ人好き好きですが。(笑)

この後は、少し間を置いて、
起業後の10年間の歩みも書いてみたいと思います。

早速起業相談も頂いていますが、
このブログの感想などもこのフォームからぜひお寄せ下さい。

 西村の無料相談

よろしくお願いします。

独立起業に向けてドラマは急展開

情報販売デビューは順調な滑り出しで、
この仕事を柱にできると思うところまでいき、
1ヶ月の休暇が終わり9月になって出社しました。

すると!

ここで何ともいいタイミングで、
会社からリストラを実施するとの発表があったのです!

もうこれは、
私が独立するためにすべて仕組まれたものかと思うほど
すべてがいい流れでした。


メルマガ創刊してすぐ、
急に休暇が変更になって1ヶ月休み、
それを利用して情報販売デビュー。

それが売れて、ノウハウを教える仕事を柱にできると思った途端に
会社からリストラが。

まさにドラマでした。

20年間、何をしても失敗ばかりだったのに、
うまく行きだすとこんなにうまく行くんだと思いました。

神様はいるんだなー
と何度も思いました。


10月にリストラの募集が始まり、上司に申し出て退職届を出し、
年が明けて2005年1月31日付で退職
念願の独立起業となりました。


ここまで本当に長かったですが、
最後は本当にバタバタと進んで独立しました。


突然のチャンス到来で情報販売デビュー

7月にメルマガを創刊して業界デビューを果たしましたが、
睡眠時間をギリギリまで削っての生活が続いており、
有料の教材を作る時間はとても捻出できそうにありませんでした。

そんな時に奇跡が起こります。

私が勤めていた会社は、
勤続10年毎に約1ヶ月の休暇をもらえるというありがたい会社で、
その時ちょうど私は勤続20年で、その休暇をもらえる年でした。

予定ではまだその休暇の取得は半年くらい先だったのですが、
突然私の担当している仕事が暇になって、
上司から
「急だけど休暇を取ってくれるか」
と言われて、突然1ヶ月の休みになりました。

メルマガを創刊して1ヶ月後の8月のことです。

私にとっては願ってもないチャンス到来で、
その休暇を利用してヤフオク転売の教材を作り、
発売まで一気にやりました。

ちなみに当時はまだインフォトップも何もなく、
それどころかPDFのいわゆるebookという今では当たり前のものが
まだ一般的ではなく、
マニュアルの販売は、製本屋さんで自費で本を作って売るという方法でした。

とりあえず300冊作ったのは覚えてます。費用は確か10万円ほどでした。

もちろんクレジットカード決済なんてできないので、
個人口座への銀行振込での支払いで、
入金があれば本を郵送するという原始的な方法でした。

そして、アフィリエイトのシステムも無いので、
紹介者コードを申込フォームに入れてもらい、
自分で集計してアフィリエイターさんに振り込むという
これも恐ろしく原始的な方法でした。


こんな感じの情報販売デビューでしたが、
思ったよりもよく売れてくれ、
気分は上々でした。(笑)

物販とそれを教える仕事の2本立て
という構想が現実化して、
これはいよいよ、
と思っているとまたまた奇跡が起こります。

メルマガ1位で業界に華々しくデビュー

ヤフオクのノウハウを教える仕事をしようと決めたのはいいですが、
当時まだ日本には情報販売がまったく普及しておらず、
もちろんインフォトップなどの情報販売スタンドもありませんでした。

情報販売関係の本を3冊買って、
そのやり方を調べ戦略を立てていきました。

これが2004年4月のことです。

まず無料メルマガを発行して、
そこからセミナーや教材販売に進めていく、
ということは分かり、
まず「まぐまぐ」から無料メルマガを発行することにしました。


やるからには最高のものを!
と意気込んで調べているうち
メルマガコンサルタントの平野さんを知り、
サイトを見ると
「個人コンサル2万円」
というのがあって、
これを受けようと、早速メールしました。

実はそれまで東京に行ったことが無かったのですが、
新幹線往復の料金調べてコンサルフィーと合わせて5万円ほど払ってでも
コンサルを受けて教えてもらおうと思ってメールしました。

結局、6月に平野さんがセミナーで大阪に来る予定があるということで、
その時に大阪でコンサルを受けることになりました。

忘れもしません。この時平野さんと会って、
生まれて初めて名刺交換しました。^ ^

43歳で初の名刺交換なので、かなり遅いですね。(^_^;


平野さんのアドバイスを受けてタイトルなどを決めて、
6月中に発行手続きも完了。

そして7月12日
「誰でも出来るオークション起業」
のメルマガを創刊してこの業界にデビューを飾りました。

その発行部数は5724部で、その週の創刊メルマガの1位を獲得したことで、
人脈を作るきっかけになりました。


無料メルマガでブランディングとファンづくりをしたら、
次は教材を販売するということになりますが、
ただでさえ睡眠時間を削ってネット販売をしていたので、
メルマガを書くだけでも大変で、
とてもじゃないですが教材を作る時間は捻出できませんでした。

しかし、
ここから独立起業に向けて幸運に次ぐ幸運のドラマが始まります。 
 

日本中のサラリーマンを救ってやる

会社の賃金カットで苦しんでいる同僚や先輩を見て、
ヤフオクのノウハウを教えてあげたいなー
と思いながら社内では副業のことは言えずにいましたが、
そんなある日のことです。

本屋さんで起業関係の本を立ち読みしていて、
アメリカでは情報を販売するビジネスがあることを知り、

 これだ!!

と思いました。

私の会社の同僚や先輩だけでなく、
日本中に同じように、
賃金カットやリストラで苦しんでいるサラリーマンは
たくさんいるはずだ。

その人達にヤフオクのノウハウを教えてあげよう!

日本中のサラリーマンを救ってやる!!


という壮大なミッションを感じて、
今まで培ったヤフオクのノウハウなど、
ネットでの稼ぎ方を人に教える仕事をしようと決意しました。

それと同時に、
この仕事で独立起業しようとも思いました。


その時は2004年で、
ヤフオクを始めて4年経っており、
自分では、ヤフオクのノウハウでは日本一だと勝手に思っていました。(笑)

副業でしたし、
売上も大したこと無かったですが、
4年間試行錯誤で身につけたノウハウには自信がありました。

日本中のサラリーマンを救うなんて実際には無理ですが、
その時は本気で思っていました。(笑)


すでにネット転売だけでもそこそこの収入になっていたのですが、
独立起業するためにもう一つ柱が欲しいとずっと思っていたのですが、
・ネット転売での実務
・そのノウハウを教える仕事
の2本立てで独立しようと、
いよいよ独立起業を具体的に考えるようになりました。


無料メルマガ【西村のネットビジネス通信】
お名前(姓)
メールアドレス(必須)